ジスロマックの服用方法

水を飲む男性

ジスロマックの最大の特徴として服用回数が極端に少ないことがあげられます。1回の服用しただけで1週間も効果が継続するので、服用を途中でやめてしまったり、飲み忘れてしまったなんてミスの心配もいりません。

大人の場合、1000mg×1だけでクラミジアを治療することができます。有効成分のアジスロマイシンは錠剤で250mg、500mg、1000mgの3種類あり、1000mgを一回で飲む事に抵抗がある人は、500mgを2錠もしくは250mgを4錠と選択することができます。

一般的な服用方法は500mgを1日1錠、それを3日続けます。副作用が比較的少ないアジスロマイシンですがまれに胃腸に対して負担をかける場合があるので、胃腸が弱い方などは500mg×1を3日間服用したほうがよいでしょう。

ジスロマックと同時に服用しても大丈夫な市販薬

ドラッグストア

風邪薬でもドラッグストアなどで一般的に販売されているのは抗生物質が含まれていない為アジスロマイシンと一緒に摂取しても大丈夫です。通常ジスロマックはウィルスには効果がないのですが、風邪などの症状で病院で風邪薬と一緒に処方されることがあります。これは風邪のウィルスによる二次感染などに対しての治療薬となっているのです。他にも市販薬として痛み止めなどで使用されている、鎮痛剤や整腸剤も一緒に服用しても大丈夫です。
※胃腸薬はアジスロマイシンの吸収を悪くさせる場合があります。

ジスロマックと一緒に飲んではいけない薬

否定する女性

マクロライド系の中でも併用禁止の薬が少ないのが特徴のジスロマックですが、他の抗生物質は併用注意となっています。その他にもシクロポリン、ワーファリン、制酸剤、ジゴキシン、メシル酸レルフィナビルは注意が必要です。

ジスロマックの副作用

胃腸

抗生物質の中でも副作用が少ない事が特徴的なジスロマックですが、胃腸に対して稀に副作用が出てしまうことがあります。胃腸薬は一緒に飲むと吸収率が悪くなってしまうのですが、下痢などがひどい場合は整腸剤などがお勧めです。他にも目の充血や、水ぶくれ、重症な副作用だと肝機能障害や大腸炎などがあげられます。いずれにしてもひどい場合は直ちに使用を中止し、医師に相談しましょう。