ジェネリック医薬品の疑問

疑問に思う女性

ジスロマックを海外通販で購入する場合、ジェネリック医薬品を選ぶことでお得に買うことができます。ジスロマックのジェネリック医薬品で「アジー」がありますが、約3分の1の値段で販売されているのです。最近では日本国内でも薬局や病院などでジェネリックを進めてきたりしますが、そもそもジェネリックとはどのようなものを指しているのでしょうか?

ジェネリックは後発薬

ジェネリック

医薬品には1から有効成分を開発した先発薬と、その先発薬の有効成分を元に他の製薬会社が開発した後発薬との2種類あります。ジェネリックは後者の後発薬にあたるのです。後発薬は元からある信頼や安全性が認められている有効成分を元に開発されているのです。ジェネリックとは英語で「一般的な」という意味でブランドに対して囚われないなどといったことも指しています。

ジェネリックは効果があるの?

安心安全

ジェネリックを進められた時に中には躊躇してしまう?そんな人もいるのではないでしょうか?今現段階では日本がジェネリックを広めようとしている途中でそこまで信頼している人が多いわけではありません。では本当に後発薬は先発薬と同等に効果があるのか?信頼できない部分はそこが大きいのではないでしょうか。後発薬とは有効性や安全性が確立している先発薬と同等の有効成分ですので、もちろん効果は先発薬と同等のものになるのです。医薬品は海外でも認められているものでしか販売することはできません。

ジェネリックはなんで先発薬より安く買えるの?

ジェネリック対正規品

ジェネリックを選択する時に躊躇する理由のもう一つは値段ではないでしょうか?もちろん安いことに越したことはないですが、あまりにも安いと体に入れるものなので不安に思う人が多いのももちろん当たり前のことです。

通常先発薬を開発するのに9年~17年の期間を費やし、そして開発費用は約300億円以上にものぼるのです。この期間と開発コストの元を取るプラス、利益にもしなければいけない為先発薬の値段これらすべてが含まれているのです。ジェネリックは元からある有効成分で開発している為、開発期間は3年~5年、費用は約1億円となります。ジェネリック医薬品が安く販売できるのはこの元々のコスト面や開発期間の違いによるものなのです。日本では今莫大な医療費が問題となっており、ジェネリックを推奨させ少しでも医療費問題を解決していこうという考えとなっているのでした。