クラミジア

クラミジア

ジスロマックは性病であるクラミジアに効果的な治療薬です。クラミジアは日本で一番感染者が多い性病で日本国内には100万人以上もの感染者がいてその中でも女子高生の割合が多くなっています。実はこの女子高生のクラミジア感染率は先進国の中でも日本が断トツにトップで、これはかなり重要な問題としてあげられています。

クラミジアに感染したまま放置してしまうと、HIV(エイズ)になる確率が数倍にも膨れ上がり、さらに不妊症など子供が産めない状態にもなってしまう恐れがあります。

クラミジアの症状(女性)

はてなマークの女性

比較的症状が出にくい病気なのですが、特に女性は症状が全くでないこともあるのです。自覚症状が乏しいことから感染していることに気づかずに、また他の人へと感染を拡大してしまうのです。

症状が出たとしても、女性の場合だと少しオリモノが増えたり、下半身に違和感を感じたりします。クラミジアは性器だけでなく、咽頭などにも感染します。通常の性行為だけでなく、オーラル的な性行為でも感染してしまうので、咽頭にも感染します。

喉に感染した場合は喉の違和感や痰などが増えたりします。女性が感染を放置してしまった場合、不妊症になりやすく、妊娠できたとしても流産につながる確率が高くなってしまいます。そして無事出産までいけても生まれてくる子供に感染させてしまい重度な肺炎なども引き起こしてしまう事もあるのです。

最近では妊婦健診などでクラミジアなどの検査を行いますのでそこまでの心配はあまり必要ないのですが、中には妊婦健診で感染していたことに初めて気づいたという人もいらっしゃるのです。ジスロマックは妊娠中でも安心して飲める抗生物質ですので、検査で発覚しても治療することはできます。

クラミジアの症状(男性)

はてなマークの男性

男性は女性に比べて症状が出やすくなってます。(女性に比べてですのでそれでも自覚症状が乏しいのはかわりません)尿を排出すいるときに痛みを感じたりします、またまれに尿道から膿も排出されます。

そのまま放置してしまうと体の内部のほうへと感染が拡大していき、肝炎や腎炎前立腺炎などになってしまうことがあります。通常感染してから1週間から3週間hどで症状が出てくると考えられており、もちろん男性でも症状が出ない場合があります。

尿道以外にも、副睾丸などいわゆる玉の部分に近い期間に炎症が出てしまい、玉の部分が痛くなったり、腫れたり、最悪の場合膿がたまったりしてしまいます。他には太ももの鼠蹊部分が腫れたりすることもあります。男性もクラミジアを放置することで不妊症となり子供が出来にくくなってしまう事もあります。

クラミジアの感染

抱き合うカップル

クラミジアは同じ感染者と2回性行為を行えば100%近い数字で感染してしまうと考えられます。クラミジアは感染経路が一つだけでなく、性器と性器以外も性器と咽頭などでも感染してしまうのです。通常のキスでは感染にはつながりにくいですが激しいディープキスや、性器を舐めるといった行為では感染してしまうことがあります。

もしパートナーなどが感染していた場合、自分も感染していると考え2人で治療することをお勧めいたします。

クラミジアの検査

検査キット

クラミジアは病院で検査するのが一般的ですが、実は通販で検査キットを購入することもできます。検査方法は大きく分けると2種類あり、検査キットを送ってもらい、自宅で検査してまた検査機関に送り返してインターネットで検査結果を見る方法と、検査キットを購入して自宅で検査してそのまま検査結果を確認できる方法があります。ここでは簡単に自宅で検査結果が確認できる検査キットをご紹介いたします。

クラミジア感染症は症状が乏しいため、放置している人が多くその分感染者も拡大してしまいます。感染していて他の人と性行為をすれば、その人が感染してしまう確率はかなり高く、これは永遠に繰り返してしまうのです。もし少しでも違和感を感じたり、もしかして?と感じたら検査キットで検査するか早めに治療することをお勧めいたします。