嫁に内緒でジスロマック!クラミジア感染で崩壊の危機

ジスロマックでクラミジア治療

性感染症いわゆるSTDは細菌をはじめカビの一種とする事の出来る真菌やウィルスが体内に入り込み増殖し病巣を拡げる事で炎症や腫れあるいは痛みを伴う事や感染部位を化膿させる事や発熱を伴う事があり、こういった症状は体に異物であり不要である病原生物が体内に取り込まれた事で体が反応し感染を知らせる役割や病原生物に対して抵抗する事で起こります。

性病の治療には抗生物質を用いるが一般的であり、最新の治療薬には多量頻回投与を必要としない画期的な薬であるジスロマックの登場によって投与にかかる患者への負担軽減や短かい日数での短期治療を可能にしてくれるニューキノロン系の薬の誕生により、飛躍的に治療が進化しました。

ジスロマックとは、従来までの薬は静菌作用でしたが高濃度による殺菌作用を示す薬になり、作用面からみると蛋白合成阻害薬に分類する事ができ、成分アジスロマイシン水和物が細菌やウィルスの細胞内に取り込まれる事で70Sリボゾームを構成している50Sに結合する事で機能を妨げると共に蛋白鎖が伸長する事を阻害するので病原体が発育し病巣を拡げる事を阻止する事が出来る作用があり、本剤は抗菌作用以外にも抗炎症作用の効果をもたらすと認められている薬にもなります。

その為、活性酵素産生能抑制作用も持ち合わせ、本剤成分は投与時に胃を通す時に胃酸によって不活化を起こしにくいと言われ高濃度を維持する事が出来るので病巣へ高濃度処方する事ができ体への吸収も良いとされる、これらの性質によって短期間での治療を可能にしてくれます。

クラミジア症は国内でもっとも多い性病とされており、患者の状態にもよりますが本剤を一日一回の単回投与を三日間続ける事で効果を最大で二週間継続さえる事ができ、治癒率も高く90%を超えるとされ治療の第一選択薬として処方の機会の多い薬剤になります。

クラミジアは感染しても自覚症状がない場合もあり、気づかぬうちに第三者へと感染させる恐れもある非常に怖い病気でもあります。またクラミジアに感染しているとHIV感染率も大幅にあがることから感染した場合には早期治療が望まれます。

副作用に多いのが下痢等の胃腸に現れる症状ですが、胃薬との併用で緩和させる事もでき妊娠中の方への投与も可能としているので安全面でも優れていると言えます。